【撮影日:2013年8月15日】

日向岬に立つ細島灯台は塔高わずか11.4mの小さな灯台ながら、ひときわ輝く白い灯台。デザインもユニークで、半円アーチ形に突出する出入口と、塔身上部にバルコニーを廻し、そのバルコニーを支える持ち送りのデザインが特徴的な灯台です。
明治43年に赤レンガ造りの灯台として作られたそうですが、昭和16年に現在の灯台に建て替えられています。白くて小さな灯台も良いですが、赤レンガ造りの灯台も見てみたかった。

【撮影日:2013年8月15日】

初点昭和16年11月10日と刻まれたプレートと閉ざされた扉。

【撮影日:2013年8月15日】

半円アーチ形に突出する出入口は、少し横から見た方が、その突出具合が分かりやすいですね。


細島灯台へ行く際、駐車場は馬ヶ背の駐車場を利用しました。馬ヶ背への行き方を参考にしていただき、細島灯台を訪れる際には、近くのクルスの海にも訪れると良いでしょう。